ツイッターで呟いたことのまとめです。
前々から気になっていた、ネット小説投稿サイト等での作品コメントについて
作者さんに直接、あるいは間接的に伝えることについて思っていたことです。

---------

無から物語を紡ぐというのは、物凄いクリエイティブなこと。誰もができることじゃない。
作家にとってはその話が面白いと思っているからこそ書いている。
だから、話の内容に関して読者が「こういう話のほうが良かった」と作家に文句を言うべきではないと思うのですよ。
その話は作家のものなのだから。
 
→ただ、商業小説だと、編集とか校正とかいろいろ関わっているにも関わらず「どうしてこんな作品が世に出たのだ」と憤慨するような作品もたまにある。ストーリーが破綻してつじつまが合わないとか。あらすじと中身が違うとか。お金払ったのにコレはないでしょう的な。そういうのは文句言うのわかる。

→ネット小説とかで、作家さんが趣味で書いて公開してるものは「本当にもうこんな素敵な作品を無償で世に出していただき感謝しておりますひれ伏したいマジひれ伏したい」としか思わないので、作家さんが健康で、生きていて、続きを書いてくださるだけで幸せだし、ストーリーに口出しなどおこがましい。

→どんなストーリーでも、どんな展開でも、それが作家さんの書きたいものなのであれば、否定的なことを言う読者など気にせず書けばよろしいのです。作家さんの脳内にある、誰も見たこともない新しい世界を紡げばよろしいのです。その世界に触れて、感動する人は必ずいるのですよ。ほら、ここに。

→私は地雷なしなのでどんな作品も面白いほうですが、どうしてもアレな作品があって、オフ会で「ここが嫌だー!」と叫んだら、「え?あんな面白い作品なのにどうして」と、淑女の方々から驚かれたのですわ。自分がNGでも、他人はOKな作品はあり、どんな作品にもファンがいるとわかった瞬間でした。

→作家さんが、無からその物語を紡いだということは、少なくとも作家さんは面白いと思って書いていて、一番のファンは作家さん自身なので、作家さんに直接「あなたの作品が嫌い。キャラが嫌い」とか言っちゃうと、猛烈に傷つくと思うのですよ。
作家さんはあなたのために書いているわけじゃないので。
 
→ネット小説とかで、作家さんのご好意で趣味で書いてる作品に、あれやこれやと否定的に注文をつける方々を見ると、なんというか、そんなにおっしゃるなら、あなたが代わりにもっと素敵でむっちゃ萌える最高にホットな作品をお書きになればよろしいんじゃなくって?と言いたくなりますわね。ホホホ。
 
→そして私に読ませて萌えさせるのです。もちろん数行読んだだけで床ゴロゴロ転がりまくるようなじれじれキュンキュンな体温が上がるような超素敵なお話を読ませてくださるんでしょうねええええ待ってますよおおおおおお全裸待機でええええええ

-------------

オチはそこ?とツッコミがきましたが、お後がよろしいようで。

とにかく忘れはいけないのは、画面の向こうにはリアルな人間がいるということ。
一度も会ったことがない人に面と向かって言えないことは
ネットでも言ってはいけないんじゃないかなあと思うのです。

作品の感想とかレビューというオブラートに包まれた、作者への誹謗中傷はよろしくないです。ほんと。

ただ、読み手側としては
「こっちは、お前が勝手に書いているものを時間をかけて読んでやっているんだ」
という視点もあるということを知り、
うわあああそうなのですかあああありがとうございますううううという気持ちになった。
ということを付け加えておきます。

ネットは広大だわ……