淑女の皆様ごきげんよう。紗羅でございます。
そろそろプロフィール用のページを作らなければと思いつつ、書いてみたところ、こいつは一体何をやっている奴なんだと余計怪しくなってまいりました。本当に、何をやっているんでしょうか私は。
というところで、過去のお仕事も含めてこちらに記載してみました。

★中谷紗羅
恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』管理人。
プロダクション【ロマンスヒルズ】代表。

★恋愛レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』

『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』http://www.romance-hills.com

ロマンス小説が好きで好きで好きすぎて、Web屋だったころのノウハウをすべてつぎ込んで、ロマンスへの萌えパワーだけで夜なべしながらチマチマ作り続けているうちに、いつのまにか国内外の恋愛小説をまとめたレビューサイトとなってしまいました。あまりにも規模が大きくなりすぎたので、現在は、プロダクション【ロマンスヒルズ】として、チームで管理・運営しております。
海外翻訳ロマンス、国内の女性向けライトノベルを取り扱っておりまして、「勝手にロマンス大賞」では、レーベル出版社のご協力もいただき一大イベントとなっております。
ご協賛いただいたレーベル様、ご投票いただいた読者の皆様、本当にありがとうございました!!!

第三回勝手にロマンス大賞。投票結果はこちら♪
spft_krt03_2016_title (1)


★編集プロダクション【ロマンスヒルズ】
ロマンスが好きすぎて、萌えをこじらせて始めてしましました。
ここ数年で千冊を越える海外翻訳ロマンス小説やティーンズラブ、乙女系小説、ネット小説をじゃんじゃん読み漁っておりまして、そこで得た知識や、ロマンスヒルズ運営で得たノウハウを元に本格的に活動を開始したという次第です。

▼ロマンスセミナーの開催
ロマンス小説やティーンズラブ小説を読みまくって得た情報や、ロマンスヒルズにある作品のキーワードや属性、PV等のデータを元に、日本人女性が好む恋愛小説のパターンや、ヒットする作品の構造などを分析しております。
2016年にはセミナーを何度か行いまして、恋愛小説の作家、編集者の方々など業界の皆様へむけた情報提供を行いました。ヒーロー像、ヒロイン像についてのセミナーでした。
もしテーマ別にご要望があれば開催いたしますのでお気軽にご相談ください。

恋愛小説に女性読者が求めるもの~理想のヒーロー像とは~
恋愛小説に女性読者が求めるもの~理想のヒロイン像とは~

ロマンスセミナー3タイトル


▼恋愛小説プロットサンプルどうぞ
恋愛小説ばかり読んでるロマンス脳なところに恋愛小説の編集もさせていただいていたり、自分でもロマンス小説を書いたりしておりまして、プロットのテンプレートがあればいいなあと思い、ちょっと作ってみました。先日ツイッターで公表したところ思った以上に反応がありましたので、ご興味あるかたは持っていってくださいませ。詳しくはこちら↓↓



プロット


▼ティーンズラブ小説の編集

元々編集やライティングなど含め別ジャンルでは実績はあるのですが脳内がロマンスだから仕方ないです。運命です。最近ではこういった作品を担当させていただきました。
アンジェラ文庫様とはひょんなことからご縁があり、編集に携わることができてとても楽しかったです。ありがとうございました。
Yahooブックストア等でも日間、週間、月間上位を占めるような作品を残すことができました。
すばらしい作家先生やイラストレーター先生たちとの出会いに感謝感激でございます。

goutsuki_表紙
『傲慢騎士は月の乙女を愛でる』
話を聞かない傲慢騎士×おてんば令嬢の年の差ラブコメ!


oumitsu_表紙
『王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫』
政略結婚から始まる愛。陰謀と官能の王宮ロマンス!


kouitsu_表紙
『氷の皇帝と偽りの寵妃』 
敵国の皇帝に囚われたヒロインの数奇な運命!


syuai_表紙
『執愛~悲しき王子の愛の鎖』
血筋と運命が交錯する、官能の愛のストーリー!


jinhana_表紙
『神狼と生贄の花嫁~甘い月夜に囚われて』
森に住む孤独な神×生贄に選ばれた乙女の甘いラブラブファンタジー♪


hakurei_表紙
『伯爵令嬢と不埒な愛人』 
没落貴族令嬢×成り上がり大富豪の王道ロマンス♪


syouki_表紙
『欺かれた娼姫の蜜夜』

愛と官能に翻弄される王女の運命を描くエロティックロマンス!


toribiki_表紙
『鳥籠の美姫~愛に濡れた花嫁』

愛という名の鳥籠に囚われた王女の決断と成長を描く官能作


★恋愛小説ブックレビュー(KADOKAWA様)
恋愛小説ブックレビューを、KADOKAWAの女性向けWebマガジン「eロマンスjp」にて連載させていただいておりました。

romance
→記事についてはこちら


★小説家 中谷紗羅(Sara)
小説家としては、アンジェラ文庫様からデビューしておりまして、
19世紀英国を舞台にしたパラノーマルロマンスを執筆しております。
『麗しの美女と血塗られた野獣~ヴァンパイア公爵に乱されて~』
aaトリミングver


★ネット小説(『人狼王の憂鬱ムーンライトノベルズ)
上記『麗しの美女~』の前に書いた作品がこちらです。
ロマンスに邁進しすぎて萌えが昂ぶりすぎてロマンス小説を書いてみたところ『人狼王の憂鬱』がネット小説投稿サイト「ムーンライトノベルズ」でランキング上位になり、たった数ヶ月でシリーズ累計百万PV越え(いいのか本当に)作品を支持していただいた皆様、本当にありがとうございます。
せっかく書いたので、【ロマンスヒルズ文庫】を立ち上げAmazonで配信してみました。
元々WEB屋なので、epub化を自分でやってみたかったんです。それだけです。すみません。
イラストは漫画家の新井サチ先生です。素敵なイラストをありがとうございました。
51dfwWDIVBL


★ロマンスブックレビュー
サイトを立ち上げる前から行っていたレビューブログです。最近引っ越しました。(元々ゲームやアニメレビューをしていたはずなんですが……どうしてこうなった)
昔ほど更新頻度がないのですが、たまに萌え昂ぶって突然感想を書き出すことがあります。
→ロマンスブックレビューはこちら


★本の監修とか
実はうっかり大学院で歴史学や宗教学や神話学系を学んでおり、修士の学位を持っておりまして学芸員の資格もありますので、そういった作品の監修やアドバイスもこっそり行っております。
専門は、図像やモチーフから宗教や歴史や心理や謎を読み解くような学問でして『ダヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授が学生に教えてたような内容です。といったら理解していただけるかなあ。。知らないかなあ。。。
図像学とかイコノロジーやイコノグラフィーという分野だったりします。
今はその知識を、編プロとして小説の監修をするときに使っております。意外にも使えるんです。
例えば、ファンタジー作品の場合、宗教観とか世界設定とか、一神教か多神教かとか歴史モノの場合だと王と貴族の関係とか、どの時代をイメージした作品か、とか設定をはっきりさせておくと、プロットもぶれないわけでして。
あと、小説や漫画に有名な神様を登場させるときに、その記述が間違ってないか、とかの監修とか。


……と、とりとめもなくあれやこれやに手を出しているロマンス脳なのでございますが
お仕事のご相談とか、お茶のみたいとかご興味あるという方は
都内に生息しておりますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

→ツイッターはこちら
→お問い合わせはこちら
→恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら 

今後ともロマンスヒルズを宜しくお願い申し上げます♪